2

イタリア旅行ではごはんが大事


画像参照:hiro kobashi

あなたはイタリア、といって何を思い浮かべるでしょうか。世界遺産、ローマ時代の遺跡、温暖な気候、ナンパな伊達男などなど。でもやはり、イタリア旅行と言えばまずはおいしいごはんが代名詞ではないでしょうか。

たとえば、ローマの休日を気取って、ジェラートの食べ歩きをしてみるのもいいです。イタリアのジェラートには、濃厚なバニラからチョコレート、あっさりしたシャーベット状のものまで様々な種類があります。残念ながら、現在あの広場での飲食は禁止になっていますが、それでも、ローマの街でジェラートを食べれば、雰囲気満点であることは間違いありません。

その他にも、ふらりと入ったリストランテで、本場のピッツァ・マルゲリータを食べてみるのもいいですね。本場のピッツァは薄生地でカリカリ、その上には太陽をいっぱいに浴びて育ったトマトから作られたトマトソースがかけられており、濃厚なモッツァレラが混ざります。イタリア産の新鮮なバジルも味を引き締めてくれていて最高です。本場のピッツァは以外と値段が安いので、イタリアに訪れたらぜひ食べておきたいところです。

あとは、イタリアのマンマの味を体験してみるのもいいでしょう。イタリアのマンマの味といえばパスタです。漁港でとれたばかりのイカから調達した、真っ黒なイカスミを使って作られる「スパゲッティ・アル・ネロ・セッピア」。日本ではイカ墨パスタとして知られていますが、現地で食べるとまた味が違います。そこらの小さな食堂でも食べることができますから、イタリアにいったら挑戦してみるのもいいかもしれません。

現地のごはんを食べるのは、海外旅行の醍醐味の一つです。幸い、イタリア料理は日本料理と同じくらいおいしいですから、本場の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。